たぶん絵的なBLOG

画材店の店主がつづる絵画や画材のあれこれ

アクリル絵の具の面白さ

アクリル絵の具は、不思議な絵の具だ。

描く際には水を使い薄めることができる。薄める水分が多ければ、ほぼ水彩のようなサラサラの状態となって、水彩と同様の描き方が出来る。

しかしひとたび固まると、水にも、普通の溶剤にもとけない強固な膜となってしまう。しかも接着剤のように付着する、なので木の表面や紙、コンクリートや石などにも描くことが出来る。変わったところでは、革製品の色落ちしたものや擦れて色が剥げてしまったところの補修にも用いることが出来る。(ときどき革製品の補修を依頼されることがある)

絵の具は、基本的に色を出す顔料の部分を、展色剤(メディウムとも言われる)に混ぜ込んだもので、顔料部分はみな同じだ。したがって色の名前は共通になっている。

油彩絵具の場合は、主にリンシードオイルに顔料を混ぜ込んだものであるし、水彩絵の具は、アラビアゴム+水+グリセリンに顔料を混ぜ込んでいる。

ではアクリル絵の具の場合はというと、アクリルの樹脂の粒子中に顔料が閉じ込められていて、この粒子が水に浮いているような構造になっている。水の中に粒子状態の顔料とアクリル素材が浮いている感じ。この構造は牛乳の構造と同じで、エマルジョンと呼ばれる。

乾燥させない限りは、絵の具は水の中に分散して浮いているので、多くの水で薄めることも可能だが、この水分が失われると、アクリル樹脂の粒子同士が付着して重合してしまう。こうなるといわゆるアクリル樹脂とまったく同じ物体になると考えていい。したがって水には溶解しないし普通の溶剤では溶かすことができない丈夫な膜になる。

この強固な膜の形成があるので、アクリル絵の具の登場により、野外で看板を描いたりパフォーマンスとして壁などに絵を描くスタイルが可能となった。絵の具を野外に持ち出したといわれるゆえんだ。

ただ欠点がないではない。水分が乾燥すると重合反応が起きてしまうので、うっかり水が飛んでしまうと、絵の具も硬く固まるし、筆なども固まって棒のようになってしまう。パレットなども一度使ったら使い捨てにするスタイルが一般的になった。まあ乾燥が速すぎるという意見が多い。

描いているあいだ休憩するときは、水をためた筆洗いのような容器に筆をいつも漬けていて、乾燥させないように注意しなければならない。

また描いているときに、水分が乾燥すると絵の具が「やせる」感じがする。薄べったい感じがしてしまう。これは水分の蒸発で絵の具が固まるので、やむを得ないところだ。この「やせ」をへらすためのメディウムも出されているが、どの条件で混ぜればいいかは、個別に研究する必要があると感じている。

 

混色の不思議、その謎がとけた

ずっと謎に思っていたことがらが、実は単純だったということは多い。

絵の具の混焼について謎に感じていたことがあった。

しかし、これは謎ではなく、普通のことだった。

 

たとえば「黄色」と「青色」を混ぜると、一般的にはそこには無かった「緑色」が出現する。最初から「緑色」の絵の具の発色と何がちがうのだろうか。混晶で作った色と、もともとの単色の色とは何がことなるのだろうということ。

色のちがいは可視光線の波長のちがいと対応している。

黄色と青色と緑色の光の波長範囲は以下のとおり。

・黄色 580nm ~ 595nm

・青色 435nm ~ 480nm

・緑色 500nm ~ 560nm

黄色と青色の混合が起きても、緑色の波長を出すわけではない。混合で作った緑色と、ほんとうの波長を持った緑色が、人間の目には区別つかないのかなと、長年思っていたわけである。

もっとも人間の目が、これらを識別できるとすると、絵の具の混色という技術は使えず、無限の段階をもった高価な色材を用意しなければならないので、それは絵を描くという作業がとんでもなく贅沢なことになってしまう。

地球に降り注ぐ太陽の光は、あらゆる波長の光からなっていて、連続的に変わる波長の光が混合している。その外側には紫外線や赤外線という目には見えない光も含む。

 

人間の目の機能についてふと思った。網膜にある色を感じる細胞は、錐体と呼ぶが、この錐体は3種類しかないのだった。赤に感じるL錐体、緑に感じるM錐体、青に感じるS錐体の3つだけである。(L、M、Sの名称は、波長の長い、中程度、短いに対応しているようだ)

もちろんそれぞれ感じる波長は、きっちりとした区切りがあるのではなく、広く分布している形で、主に感じる波長はどのあたりにあるかを示している。

・黄色の感じ方 M錐体+L錐体(緑と赤)が主に働く

・青色の感じ方 S錐体+M錐体(青とすこしの緑)が主に働く

 

混色した色を錐体はどのように感じるかについては、青から緑そして赤と全波長の範囲を感じているが、含む割合としては緑が多くなる。そして3つの色つまり青、緑、赤の光は、ほぼ等量混合されると色を感じない、つまり透明になる。(太陽光を透明に感じるのは、様々な光の混合のせいである)主たる成分の緑色を人間の目に識別するというわけである。

自然界にある緑色(太陽光の成分の緑色)と絵の具の混色で作った緑色は、物理的にみれば異なる波長のちがう物なのだが、人間の眼はそれを区別できないわけであった。感じている緑色の感覚は同じということになる。

 

 

 

 

 

 

 

思い上がりなんじゃないか?

(2012年1月30日 BLOG記事より)

 

日頃、気になる言い方について。

 

TVのCMなどで、商品をアピールしようとしてよく出てくる言葉。

「地球にやさしい」何たらかんたら・・・車とかに多い。

 

こんな思い上がった言葉はないのに、感覚的にはなんとなく善の香りがして心地よく受け止めてしまう。恐ろしいね。

 

親や大人が、子供や初心者にやさしい態度で接するという言い方は正しい。しかし、地球にやさしいという時、地球のことをまるで人間が好き勝手にできる所有物であるかのように言う。この胡散臭さはたまらない。

 

そのくらい人類は自然とか、地球に対して、ゆがんだ感覚を持って接している。やさしくしないと地球はガラスのように壊れてしまうかのようだ。しかし壊れてしまうのは、やりたい放題やってきたそのつけを払うことになる人類の方である。

 

地球はどんな天変地異が起きようが、相変わらず地球で、そのことは変わらない。巨大隕石がぶつかろうが、放射能に汚染されようが、地球が破壊されてしまうことはない。そういう46億年の長い歴史を経ている。ただ人間が住める環境であるかどうかは保証しない。

 

M9の地震が起きて大津波で壊滅的な被害を被ったばかりの日本。自然の力の巨大さ、人間の(文明の)無力さを、報道映像で思い知ったはずである。この地震、地球にとってはクシャミほどのことである。地球にやさしくと言っている人間の思惑に関わりなく、地球は地球の物理で動いているだけだ。

ほんとうは、荒れ狂う自然の脅威の前で、幸運にも生きながらえているのが人類ではないだろうか。

 

人間のちっぽけな知力で、自然界を全部わかってしまったかのように思い、地球を守れると思うのは、救いがたい妄想と思う。こういう思い上がりの気持ちは、結局、自然を甘く見て、災害対策の甘さにつながる。

 

われら人間にやさしい車、われら人間にやさしい洗剤といってもらいたいものだ。

微少量が全体を支配する?

(2012年1月17日 BLOG記事より)

前記事の地球温暖化の話で、二酸化炭素のように大気中の微量成分(360ppm程度)が、大気の気温を支配するとは考えられないと書いた。360ppmとは、100万個の大気中の分子あたり、360個ほどということだ。大雑把な言い方をすれば、1万粒の大気分子の中の3~4個という割合である。

 

測定された大気中の二酸化炭素濃度の増大は、NOAA マウナロア観測所のデータによれば、1960年に約320ppmで、2000年で360ppmを少し越えている。ざっと言ってしまえば、40年間で約40ppm直線的に増大している傾向を示している。1年あたり1ppmの増大ということだ。

出典:http://www.nies.go.jp/kanko/news/28/28-5/28-5-04.html

 

したがって、大気中の二酸化炭素の増える割合は、40年間で1万粒あたりの大気分子中で、0.4個増えたということである。 3.2個だったものが3.6個になった。

 

こうして噛み砕いて書いてみると、二酸化炭素の濃度の増大で(40年で1万粒あたり0.4個増える)、地球温暖化が進んで世界は破局に向かうという説が、なんだか馬鹿げて聞こえる。 あくまで感覚的なものだが、多分間違っていない。

 

こういう極微量成分が、全体の温度というものを支配するためには、なにか特別なクリティカルな仕組みを想定しなければ説明がつかない。化学反応の触媒のような、微量存在するだけで特異的に化学反応が速く進むようなメカニズムだ。それはなんなのだろう?そのようなものがはたして存在しているのだろうか?

じつは寒冷化が恐ろしい

(2012年1月26日 BLOG記事より)

この一週間ほど、こちら信州はとても冷えている。天気予報によれば全国的に厳しい寒さが襲っているとのことで、信州だけではないのだろう。

ふと地球の寒冷化が始まったら大変だろうなと想像する。
(ちなみに温暖化ではない。こちらは大変な問題ではないと思う)
作物が育たなくなる。コメ作の北限が、どんどん南下してしまう。他の穀物も同様で、これは地球規模だ。

各国は、食料の自国囲い込みをはじめるので、貧しい国は飢餓で衰退するだろうし、暖かな場所への大移動で国が崩壊してしまう可能性もある。先進国といえども、食料それにエネルギーに関してかなり困窮するはずだ。

地 球の歴史では、氷期という本当に寒い時期が10万年単位で襲ってくる。そして氷期と次の氷期の間に、間氷期という比較的暖かい時期が約1万年ある。現在は 1万年続いた間氷期の最後の際にいると言われている。氷期のはじまりは、100年後かもしれないし、10年後かもしれない。

人類の文明が築かれたのは、たかだか5000年ほどだから、文明が氷期を経験したことはない。食料の維持ができないので、結果的に人類は激減してしまう。赤道に近い比較的暖かな地方で、ほそぼそと原始的な生活を送る人類がいるような図だろうと思う。現在の文明の形態はないだろうと想像する。

グリーンランドという氷の島がある。昔は緑が生い茂る生物の住んでいる島だった。地層からその証拠が出てくる。それが現在のような寒冷化に襲われている。

自分が学生時代は、将来、地球寒冷化が問題だと騒がれていた。根本順吉氏の本などをよく読んだ。それが欧米を中心とした先進国の政治的、経済的意図から、地球の温暖化が大問題であることになってしまった。もちろんCO2排出にまつわる駆け引きがその裏にある。

正直なところ、ボクは温暖化が問題であるとは一度も思わなかった。340ppm(=0.034%)ほどのCO2の濃度が、40年間に40ppm(年に約1ppm)ほど増えようが、地球の平均気温にカタストロフィックな激変が起きるはずがない。増えれば海水に吸収されて炭酸になるだけだ。

植 物が地球上に現れる前は、酸素はなかったし、大気はCO2だらけだったのだ。海洋が出来るとともにCO2は炭酸として吸収された。また植物が吸収して、酸素を放出した。そしてCO2は激減して今の濃度でバ ランスしている。昔の地球は、CO2の温室効果ガスだらけだったので、温暖化を主張する人の言い分に従えば、むかし地球は煮えたぎっていたはずだ。むろん 植物は発生できなかったはずだ。

温度が上昇するからCO2が増えるのであって(海水からの溶存CO2の放出)、CO2が 増えたから温室効果ガスで気温が上がるわけではない。温室効果による気温の上昇を主張するのなら、水蒸気の問題を考慮しなければおかしい。CO2悪玉説では、なぜか水蒸気がないかのような議論がなされる。水蒸気こそいりばん大量に大気中に存在しており、熱の閉じ込め効果も大きい。雲がたくさんで きるか、晴天が多いかにより気温はかなり変化する。

たぶん気温の上昇は、太陽活動の変動による放射線の増減で、雲量の変化が引き起こしていると言われている。太陽活動は、黒点の数に現れるので、地球の気温は黒点の数と、強い相関がある。

昨年、温暖化危機説を唱えていた気候変動に関する政府間パネルIPCC、学者のあつまり)が、温暖化データ捏造をしたことが発覚し、報道された。誠意ある 学者はもともとこの狂騒曲で踊らなかったが、インチキさが暴露されてしまったいま、温暖化説の説得力は失われた。(でもなぜか日本の報道はそれを事実として報道したがらない)

ほんとうは寒冷化が恐ろしい。

週末の雨読記

4月12日(日)
久しぶりの晴天で、板を担いでチャオにでも出かけようかとも思ったが、
買い物のお付き合いやらサボテンの植替えなどがあって、
ほぼ家の周辺でうろうろした。

先日買った日高義樹『中国、敗れたり』を読む。
事実に基づく分析が説得力を増している。
示唆に富む本だ。

中国は海洋国家たり得ない。これまでの歴史を見ても、
海洋の外へ出て覇権を取ったことが無い国である。
基本的に陸地の戦争に明け暮れてきた国で(だから中華とか
陸地の中央の国とか言っている)、基本は陸軍を中心とする国家である。
毛沢東だって陸地の争いしかやっていない。
いま熱心に海軍軍備の増強を試みているが、
実力レベルは先進国にとうてい及ばず一流たり得ない。
海洋国家たり得ないということは、G2などという大国のホラを吹く資格は無い。
中国は、大量資源輸入国で、中東やアフリカから海路をつかって
資源を大量輸入している。
泣き所は海路を自ら単独の力では確保できないことだ。
同盟国のいない中国は、周辺諸国との争いを起こせば、
周辺国から締め上げられ海路が封鎖されてしまう。
マラッカ海峡など中国船は通れなくなるだろう。
そうなればすぐ中国は詰んでしまう。

アジアインフラ投資銀行(AIIB)など、チャンチャラおかしいと感じる。
日本のマスコミは、日米のバス乗り遅れ論を喧伝しているみたいだけれど、
そりゃ逆でしょと思う。
GDP1位のアメリカと3位の日本が参加しなければ、
集まる資金の大半は、中国が出さざるを得ない。
しかしいちばん金がほしいのは中国なのだ。

自分を過信し続ける限り、中国の力による現状変更の動きは止まないだろう。
またアメリカのアジア施策の今後の姿は見えないが、
現状の弱腰オバマ外交が続けば、中国と日本との衝突もありえると
日高さんは分析している。
(つまり誇大妄想の中国と、衰退していくオバマ外交のはざまで・・・)
アメリカ次第だが、日本の核武装もひとつの選択肢であると
日高さんは結論付けている。

4月13日(月)
朝から雨の降りどおし。
絵画教室は悪天候のため中止。
何も予定の無い一日となった。
サボテンの植替えをする。
昨日もとめた『宇宙の事典 オールカラー版』を眺めて過ごす。
宇宙のことなど、生活に何ら影響しないし、どうでもいいと思うのだが、
そう思いながらも星雲や銀河の話に魅了されてしまう自分がいる。
ダークマターの存在について勉強した。

NHKの特集番組で、土星の衛星エンケラドスに生物の生存可能性が
高いという話を聞いた。エンケラドスが水蒸気のジェットを放出しており、
地下に熱水があることがほぼ確実視されているとのこと。
原始地球で生命が誕生した環境に極めて近いものがあるということで、
10年以内には結論が出るだろうとのことだった。

一枚の落ち葉

アメリカにおいて初めての禅院をひらき、
禅の普及に努めた鈴木俊隆という老師がおられた。

老師の法話は、書籍で知ったが、
落ち葉の話がとりわけ自分のこころにつよく響き、
そのたとえを忘れることができない。

「君たちが1枚の落ち葉を見たら、
ああ、秋が来た!というだろう。
1枚の葉はただの1枚の葉ではない。
それは全体の秋を意味する。」

物理的に見れば、あるいは物質だけを見れば、
目の前に1枚の枯葉がそこに落ちている。
それだけのことだ。

しかし、これはかつて樹木の枝の先にあった。
それが落ちて道端に吹き寄せられていたかもしれない。

枯れ葉は、元の樹木を思い起こさせるだけでなく、
秋の訪れとともに、木から切り離されて落ちた。
秋という季節がやってきたことを告げる役割も担っている。

画家は1枚の枯葉の緑と赤の色彩の微妙さに、
感動するかもしれない。
絵筆をとって絵を描くかもしれない。

落ち葉を集めて落ち葉焚きをする人もいることだろう。
あるいは堆肥にしようとかき集めて持ち帰る人も
いるかもしれない。

1枚の枯れ葉は、それ単独で見ればただの枯れた葉に
過ぎない存在だが、それは秋という季節の運行と
つながりがあり、またさまざまな人の行為につながり、
人生にも関わっていく。

たった1枚の葉でさえ、この世界とのつながりと
無縁ではいられない。複雑に精妙に関わりあっていて、
1枚の葉から世の中や世界とのもろもろの縁が見えてくる。

この世の中の成り立ちは、すべてこのようになっていることを、
枯葉の話からボクは瞬時に覚った。
人間の存在は、もっともっと複雑に多くの人と絡み合い、
孤独などということは、ありえないと分かった。
一人ぼっちなどということ自体がありえないことだと。

人生の意味に悩むなどということが、
なんと愚かな思いだろうと分かる。
すでに人生の場を与えられて、
その意味があるのでしょうか、などと考えることが、
どれだけ見当違いのピンボケの考え方であることか。

この世の成り立ちから、自分は生み出されてきた。
そのためにどれだけの縁が絡み合っていることだろう。
ありがたいと思う以外に無いのではないだろうか。

 

(2015年1月1日 SNSサイト日記の記事より)